「103万と130万円の壁」 素晴らしいのは、働く女性? 家庭を守る女性? 年収 は

政府の経済財政諮問会議はこのほど、少子高齢化のために労働市場で深刻な人手不足が進んでいる問題について議論しました。

議長を務める安倍晋三首相は、女性の就労意欲を阻む要因と指摘される「130万円の壁」を解消して、より長い時間働きやすくする対策を検討するよう指示をしました。

保育や介護分野での人手不足を改善しつつ、家計の収入を増やして消費の拡大にもつなげる狙いがあると見られます。


女性が本当に活躍できる社会について考えてみましょう。

「103万円の壁」「130万円の壁」の年収とは?

現在、多くのサラリーマンの奥様はパートなどで働いていますが、年収が一定の額より多くなると、税金や社会保険料の負担が発生します。

このようなパートの主婦のお給料が増えていく中で、2つの「壁」があります。

まず「103万円の壁」
これは、妻の収入が103万円を超えると、所得税が発生する上に、
夫の所得にかかる税金を減らせる 「配偶者控除」が利用できなくなる
というものです。

次に来る「130万円の壁」。とは、
収入が130万円に届くと、妻は夫に養われなくても生活できるとみなされ、年金や健康保険の保険料を自分で納めなければならなくなるというものです

結果として、手取りが少なくなるので、130万円に到達しないように働き方をセーブする主婦も多いようです。

こうした制度は、「男性が外で働き、女性が家庭を守る」という役割分担が明確だった時代にできたものみたいです。

働く女性が増え、専業主婦世帯よりも夫婦共働き世帯が多くなった現状とは合わなくなっているため、女性が思う存分、力を発揮できないという問題が生じているということでしょうか。

数値目標が一人歩きする女性登用の動き

女性の活躍

女性の活躍に関して、昨年末に政府は、2020年までに民間企業の女性課長職割合を15%にするなどの女性登用目標を掲げました。

この数字は、2012年の衆院選の時に自民党が掲げた「2020年までに指導的な地位に占める女性の割合を30%にする」という目標に比べ、大きな下方修正でした。

しかし、こうした数値目標を決めて女性登用を増やすという動きに対して、「能力が伴わない女性管理職を増やすだけ」「逆差別になる」などといった声もあります。

数値目標を達成するために女性を登用するのではなく、全ての人が実力で評価され、チャンスが平等に与えられる仕組みこそ必要だと思います。

女性の強みを活かせる社会を創造する

働きたい女性が、力を持て余すことなく、生きがいを持って活躍できる社会にしていくことはとても大切です。
社会の中で、こうした女性の特質を生かした仕事を創りだすことも必要ですね。

しかし女性の中には、「働くことが人生のすべて」という価値観に、違和感を覚える方も少なくないみたいです。

なぜ、生まれた時点で男女の区別があり、女性だけが子供を産めるのか?!。
男女にそれぞれの役割を期待されている・・・。

女性には、きめ細やかな気配り、美しさや優しさ、育てる喜びなどの特性があると思います。

また、日本には伝統的に大切にしてきた文化や、生活様式の美点もあります。

男女の特性を全く無視して、すべて"平等"にする考えは、どう思いますかね。

女性が子供を産み、愛情を注いで家庭でしつけや教育を行い、将来、人や社会の役に立つ子供を育てることや、会社で働く夫を支え、家庭を守ることは、お金には換算できませんが、
とても価値のある"仕事"だと思います。

働いて輝く女性も素晴らしいですし、子育てや家庭を守ることで輝く女性も素晴らしいでしょう。
政府や社会の空気で、「女性の幸福は○○である」と決められるものではなく、それぞれが、もっとも輝く生き方を選べることが幸福なんじゃないかなと。

そうした多様性を受け入れる社会づくりこそが、今、求められているのではないでしょうか。

Liberty参照

働く女性と家庭を守る女性を同時に出来たら! 年収 ネットワークビジネス!

家計を考えたら専業主婦だけでは無理・・・

もっと社会に出てしっかりやりたい。

子育てに専念したいけど、収入はほしい!

ネットワークビジネスなら自由にやれる・・・

と考えたけど口コミではちっと心配。

そんなに友達誘えない、時間が無い。


大丈夫です。

在宅で、インターネットを使ったネットワークビジネスがあります!

ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

画像の説明

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

画像の説明

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

画像の説明

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!

画像の説明


画像タイトル