ビッグデータの指針



政府はクレジットカードの購買情報や自動車の走行記録などから得られるビッグデータを、企業が活用しやすくする指針を作りました。





夢に近づけるビジネス!







氏名や電話番号、住所などを特定できないようにデータを加工をし、 本人の同意がなくても企業間で自由に売買できます。

ビッグデータを生かせば、
より消費者の嗜好にあった商品やサービスの開発につながります。

ビッグデータの加工で同意なし!



政府の個人情報保護委員会が指針で具体的な加工方法を示しまた。


5月30日に全面施行される改正個人情報保護法。

個人情報を十分に加工すれば本人の同意なしで二次利用できます。


指針で具体的に加工方法を示したのは5項目。

1・クレジットカードやPOS(販売時点情報管理)レジの購買履歴。

2・自動車の走行データなど。

3・住所の詳細な番地。

4・氏名。

5・電話番号。

たとえば自動車の場合は車種名までは出さず、
「高級車」「コンパクトカー」などと置き換える。

企業は指針に沿ってデータを加工すれば、
本人の同意なしで第三者に売買することができる。

指針の水準に達しない加工方法でデータを転売した企業が見つかれば
保護委は企業名を公表したうえで指導、再発防止策も提出されます。

保護委は年内にも企業向け相談窓口を設置し、
企業からのニーズが高まれば、指針の対象に入らなかった電子マネーの購買履歴などを追加することも検討しています。

今回の指針を受け企業は、自社で集めたデータを加工したうえで他社に売買したりデータベース化して有料で公開したりできる。

データを受け取った企業は、商品開発や市場調査に生かせる。

これぞ ビジネス サビアン の活用法だ!

ビッグデータの共通ルール



ビッグデータのルール


・氏名や電話番号、カード番号などは削除
・IDや会員番号は削除するか、仮IDに置き換え
・住所は市区町村単位まで
・年齢は10歳刻み

card-receipt1_m.jpg

ビッグデータへ売っている会社は?



サビアンは、あらかじめお持ちのクレジットカードを登録し、

そのカードを使って買い物をすることで20%のキャッシュバックが受けられるサービスです。

このカードを使った買い物データをビッグデータに売り、キャッシュバックになるのですね。


Pick up記事サビアンって何?!



ネット,副業


知人、友人、家族。言えないこともありますよね。
だって勘違いされて、悪者扱いされるから・・・誤解なのに。

でもインターネットでしますから。
大丈夫。
インターネットを使ってネットワークビジネス。
SNSだけでもできるんです!

ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

画像の説明

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

画像の説明

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

画像の説明

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!

画像の説明

画像の説明