ネット副業アンサー/情報商材販売






夢に近づけるビジネス!






インターネット副業アンサー/情報商材販売



ネット副業のアンサーの4つめは、情報商材販売です。

情報商材販売とは



情報商材販売とは、
電子書籍(PDFやツールなど)を作成し、
ネット上で販売するビジネスです。

電子書籍の内容は、誰かに役に立つ、
自分の知識や経験に基くものであれば、
何でもOKです。

投資、ネットビジネス、スポーツ、料理、人間関係、男女関係などなど。

みんな、最初の一歩がわからないんですよね。
でも、本やネットに、知りたいところを書いていない。

そのかゆい部分を教えてくれる情報があれば、
お金を払ってくれるものです。

コンテンツができれば、あとは、販売用のランディンページと、
無料メルマガなど見込み客を集め育てる仕組みを作れば、
どんどん売れていきます。

あと、販売促進の方法として、情報商材アフリエイトもあります。

他の人に、自分の商材を紹介してもらうという方法です。
ASPへの手数料、紹介者への報酬が必要ですが、
うまくやれば、爆発的に販売を増やすことができます。

情報商材販売の始め方



情報商材販売の始め方は、次のとおりです。

1.情報商材のテーマを決め、電子書籍(PDF等)を作成する

2.情報商材を販売するランディングページを作成する。 

3.広告を出して、ランディングページにアクセスを集める
(Google adwordsやまぐまぐなどの広告、インフォトップなど
 情報商材用のASP(アフリィエイト・サービス・プロバイダー)などを使う)

4.見込み客を獲得し育てる仕組みの導入(無料メルマガ等)

5.情報商材が売れたら、フォローする。
(あれば、次の商材も紹介する)

情報商材販売の評価



電子書籍の作成というと、特別な能力が必要と思われるかもしれませんが、
誰にでも、全く初心者から始めて、何かができるようになった、
という経験があると思います。

また、問題を解決した経験があると思います。

自分では、大したことがないと思っていても、
誰かの役に立つ知識や経験というものをもっているものです。

そういう意味では、電子書籍=コンテンツの作成は、
誰でもできると言えます。

また、ランディングページの作り方、
無料メルマガなどによる見込み客獲得育成の方法は、
一定確立されているので、学べば、身につけることができます。

そして、情報商材販売は、
一度、電子書籍と販売の仕組みを作ってしまえば、
あまり手をかけることなく、収入が継続します。

収入の継続性は、高いビジネスです。

ただし、情報商材販売が始まって10年ほど経ちますが、
ネットビジネスなど人気の分野は、
プロが競合する世界になっています。

その中で、素人が入っていって、競合に勝つことは、
とても困難な状況になっています。

プロに勝とうとして、
結局、プロから、数十万円以上もする塾や情報商材を
買わされるのがオチですね。

自分で、情報商材販売のやり方を学び、
さらに、競合の少ない分野を見つけることができればよいのですが、
競合という意味では、厳しくなっています。

以上から、収入の継続性はA評価,競合の少なさはB評価、

総合でA-評価とします。

次に、クラウドソーシングについて、評価します。

ネット副業のアンサー/クラウドソーシング


ネット,副業


知人、友人、家族。言いません。
だって勘違いされて、悪者扱いされるから・・・誤解なのに。

インターネットでしますから。
大丈夫。
インターネットを使ってネットワークビジネス。

ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

画像の説明

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

画像の説明

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

画像の説明

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!

画像の説明

画像の説明