ネット副業 アンサー/ クラウドソーシング






夢に近づけるビジネス!






インターネット副業 アンサー/ クラウドソーシング



ネット副業のアンサーの5つめは、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは

個人が、記事作成、データ入力、アプリ開発、レビューなど、
パソコンを使った各種作業を請け負う仕事です。

仕事をみつけるためには、
作業をして欲しい企業や個人と作業を請け負いたい個人との
マッチング(仲介)サービスを使います。

作業は、簡単なものから、高度なものまであるので、
パソコンが使えれば、お小遣い稼ぎから本業まで
様々なレベルで取り組むことができます。

このビジネスの存在は、私たちネット副業をやる側としても
とても便利なものです。

例えば、ネット転売で欲しいツール
日米のアマゾン間で価格差が大きな商品を検索するソフトなど、
コンペにかければ安く良いソフトを誰かが作ってくれます。

クラウドソーシングの始め方



1.クラウドソーシングのマッチングサイトに登録する
(ランサーズ、クラウドワークス、シュフティなど)

2.企業などの求める仕事で合うものがあれば応募する
(コンペ形式で提案を行なう場合もある)

3.仕事を行い報酬をもらう
(評価され、良い評価であれば仕事を受注しやすくなります)

クラウドソーシングの評価



クラウドソーシングの評価ですが、
収入の形態は、仕事の都度、報酬を受け取る形になるので、
あくまでもサラリーマンと同じ労働収入です。

一度の作業、成果に対して何度も報酬が支払われる
一生型収入にはなりえません。

そういう意味から、収入の継続性は低いです。

また、競合という面では、
国内だけでなく、国外のワーカーとの
競争となります。

インドや中国など、日本より報酬が安いワーカーとの
戦いになるため、これから一層、厳しくなると思われます。

以上から、収入の継続性はC評価,競合の少なさはC評価、

総合でC評価とします。

以上、5つの代表的なネット副業について、
収入の継続性と競合の少なさの面から評価しました。

結果は、
  
  A- 情報商材販売
  B+ ポイントサイト
  B  アフリィエイト
  B- ネット転売 せどり
  C  クラウドソーシング
となりました。

もちろん、人によって評価は変わるでしょうし、
経験やスキルのある方でしたら、どのビジネスでも稼げるでしょう。

あくまでも、これからネット副業を始める人にとって、
どうかという視点から評価させて頂きました。

そういう意味で、このサイトで紹介している、
インターネットを使ったネットワークビジネスは、
これらのネット副業よりも優れたビジネスと言えます。



結局、多くの人が、様々なネット副業を経験した後に、
インターネット ネットワークビジネスにたどりつきます。

次に、インターネット ネットワークビジネスが選ばれる理由
について述べます。

⇒インターネット ネットワークビジネスが選ばれる理由


ネット,副業


知人、友人、家族。言いません。
だって勘違いされて、悪者扱いされるから・・・誤解なのに。

インターネットでしますから。
大丈夫。
インターネットを使ってネットワークビジネス。

ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

画像の説明

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

画像の説明

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

画像の説明

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!

画像の説明

画像の説明