ネットワークビジネスと「ねずみ講 」の違い






夢に近づけるビジネス!






ネットワークビジネスと「ねずみ講 」の違いは これだ!



これがネットワークビジネスだ!  これがネットワークビジネスだ!

製品流通より売上を還元

▶︎ネットワークビジネス主宰企業は、製品の売り上げを原資として、ディストリビューターに報酬を還元します。ディストリビューターには、流通実績に応じて報酬が支払われるため、早い者勝ちではなく、誰もが平等にビジネスに参加できるのです。

愛用者がいて成り立つ

ネットワークビジネスは、高品質な製品を消費者に流通させることに主眼を置いており、さらに紹介活動を行うことでビジネスの機会を提供しています。そこには、製品 を紹介するディストリビューターだけでなく、製品を根強く愛用するリピーター(愛用者)が数多く存在します。紹介活動を一切行っていない愛用者会員もおり、それだけ製品を気に入っている人が多いのす。製品愛用者を作ることで報酬を得られる流通形態なので、至極まっとうなビジネスであると言えるでしょう。

合法

「特定商取引に関する法律」(以下、特定商取引法)において、「連鎖販売取引」と規定された販売形態です。特定商取引法に定められた規制に従って活動する限りは合法。同法第33条において、「物品の販売又は有償で行う役務の提供の事業」、「特定利益が得られると誘引し、特 定負担を伴う取引」などと定義されています。※特定利益……販売利益やボーナス、紹介料など、連 鎖販売取引において得られる利益 ※特定負担……入会金や商品購入など、連鎖販売取 引に伴う負担





これが「ねずみ講」だ!  これが「ねずみ講」だ!

製品流通のないマネーゲーム

製品の流通がなく、会員からの出資金を分配することだけを目的としています。そのため、無限に会員を増やし続けないと配当を得られないので、必ず破綻する仕組みになっています。表面的に製品を流通させるねずみ講も ありますが、金銭配当が主な目的なので、一般相場より価格が著しく高いです。近年は、ネットワークビジネスの形式を模倣して、仮想通貨や未公開株など、実体のない金融商材を取り扱う事業者も出てきました。

愛用者存在しない

製品を扱うタイプのねずみ講も存在するため、製品の有無だけでは健全か悪質かを判断できないケースもあります。しかしねずみ講では、二束三文の品を形だけ用意し、流通の実績があると見せかけてはいても、実際は金銭配当に重きを置きます。従って、製品愛用者は決して生まれません。

犯罪

「無限に参加者が増え続ける」というあり得ない前提に基づくため、無限連鎖講とも呼ばれる犯罪行為です。「無限連鎖講の防止に関する法律(以下、無限連鎖講防止 法)」によって、開設したり運営したりすることはもちろん、一切の関与を禁止されています。 ※条文引用 無限連鎖講の防止に関する法律  第二条この法律において「無限連鎖講」とは、金品を出えん(※注 金品を出すこと)する加入者が無限に増加するものであるとして金品の配当組織をいう


ネットワークビジネスと 「ねずみ講 」『悪質マルチ』に気をつけよう!



いまや、製品流通のまったくない、純粋なねずみ 講はほとんどありません。

ただ、製品を扱っていても、関連法規やモラルに違反する「悪質マルチ」が存在します。

ねずみ講だけでなく悪質マルチにも気をつけてください。


『悪質マルチ』は こういうことだ!


-その1
在庫を強要する

ディストリビューターは、適正に製品を仕入れてそれを顧客に流通させることで収入を得られます。

そのためタイトルを獲得するためだけの過剰在庫の保有を厳しく抑制している会社がほとんどです。

しかし、悪質マルチは、ディストリビューターのタイトル達成などをあおって、無理やり在庫を大量に抱えるように促したり、要求したりします。


-その2
クーリング·オフや中途解約に応じない

悪質マルチは、消費者を救済する仕組みである「クーリング·オフ」や「中途解約·返品ルール」といった制度を遵守しておらず、解約に応じま せん。

解約を申し出ても、「中途解約 はできない」「返金には応じない」などと言われ、
返品不能の在庫を大量に抱えたまま、消費者がク泣き寝入してしまうケースも多いです。

※クーリング·オフ......契約書面の受 領日から20日間であれば、契約の解除や製品購入代金、入会金、ビジネスへの加盟金などを返金できる制度のこと

※中途解約·返品ルール......登録から20日間を経過した後でも、契約締結日から1年未満であば、
連鎖販売取引契約を解除でき、製品価格の90%相当額を返還できる制度のこと


-その3
「絶対に儲かる」と うたう

悪質マルチは「絶対に儲かる」「2 カ月で月収100万円になる」など
根拠のないオーバートーク(不実告知)を用いて勧誘してきます。

絶対にだまされてはいけません!

健全なネットワークビジネス主宰企業であれば、会員登録しようとする人に、
何もせずに多額の収入を得られるようなトークはしません。

ディストリビューターにも、そのような違反行為をしないよう、教育を徹底しています。

※不実告知……特定商取引法第34条第1項第4号に明記されている違反行為不実(=嘘)の説明をすること


ネットワークビジネスと「ねずみ講 」の違いって説明できますか?
・・・ちょっと自信がない・・っていう人も、

これでバッチリですね!


次は
ネットワークビジネスと ねずみ講 ・悪質商法の誤解


インターネット,講座


知人、友人、家族。言いません。
だって勘違いされて、悪者扱いされるから・・・誤解なのに。

インターネットでしますから。
大丈夫。
インターネットを使ってネットワークビジネス。

ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

画像の説明

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

画像の説明

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

画像の説明

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!

画像の説明

画像の説明