夢に近づけるビジネス!






ネットワークビジネスと ねずみ講 ・悪質商法の誤解は これだ!



ねずみ講の登場を契機に悪質商法と誤解されてきた

日本のネットワークビジネス の歴史を振り返ると、


1960年 代に台所用品を取り扱う日本タッパーウエアや

健康食品「ミキプ ルーン」を展開する三基商事の設立によってスタートしました。



続いて1970年代に、日本アムウエイやノエビア、日本シャクリー、

フォーエバーリビングプロダ クツジャパンといった現在の大手企業が次々と開業し、

本格的にネットワークビジネスが始まりました。



一方で、1960年〜1970年代は、

ネットワークビジネスに似せたねずみ講が数多く登場した時代でした。



65年の「新製品普及会」や
67年の「天下一家の会」、
72年の「日本ホリデイマジック」

などが 社会問題となり、それらの影響で、 何十年経ったいまに至っても、

悪いイメージがはびこってしまって います。



ねずみ講の出現を契機に、76年に特定商取引法の前身にあたる

「訪問販売に関する法律」(訪販法), 78年に「ねずみ講=犯罪行為」として

禁止する無限連鎖講防止法を制定。


以降、現在に至るまで, 悪質企業が多くの被害者を生むたびに関連法規が改正されるという流れが続いています。



金銭配当型  典型的なねずみ講の手口 「天下一家の会」

67年に発足した天下一家の会は,

「親しき友の会」「相互経済協力 会といった複数のねずみ講の組織を運営し、

約112万人の被害者と1900億円規模の大きな被害をもた らしました。



商品などを購入していないにも関らず、お金を払い、

さらに1人が4人ずつを紹介していくことで100万円以上を得られるとうたった、

典型的なねずみ講の手口といえますね。




会員Aさんは、本部への入会金 1028円と、5代上位の会員に1000円の計2028円を支払います

次にAさんは、4人の会員を入会させ、Aさんと同様の金額を支払わせます。

さら にその4人の会員が新たな4人を入会させ、同様に2028円を支払わせます。

こうした行為を5世代目まで続けることで、

1024人から1000円ずつ = 102万4000円の配当を受け取れることができるとしていました。



しかし、この仕組みは机上の空論であり、参加人数が14代目で日本の人口(約1億2711万人)を上回り、 組織が破綻します。

ネットワークビジネスと ねずみ講 ・悪質商法の誤解は 解けたけど・・



そうだったんですね


相手に買わせることがセールスの目的になっていると・・・(で なくても・・)


セールスは、相手が本来するつもりがなかった何かを「させる」ことであり、

相手は無理に誘い、説得し、圧力をかけるということまで含めた、《買わせるための行為》
のすべてを意味します。

しかし人は無理強いされると気づいたとたんに反発し、反射的に身を守ろうとする。


こうして抵抗や疑い、敵意が生まれるんですね。


そこで、『ねずみ講でしょ?!』なんて言われたら、

どうしますか?


続いて・・・
ネットワークビジネス 『ねずみ講でしょ?!』と 言われたらどうしますか?



インターネット,講座


知人、友人、家族。言いません。
だって勘違いされて、悪者扱いされるから・・・誤解なのに。

インターネットでしますから。
大丈夫。
インターネットを使ってネットワークビジネス。

ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

画像の説明

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

画像の説明

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

画像の説明

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!

画像の説明

画像の説明